これができればモテる!?オトコの腕時計のお手入れ方法について。

基本は腕時計を拭くこと

いくら服や靴がオシャレでも、腕時計が汗や皮脂で汚れていると残念ですよね。腕時計を美しい状態に手入れすることは、モテる男の条件の1つかもしれません。それに日頃から丁寧に手入れしていれば、買取に出す時に高額で売れるかもしれませんよ。 そんな腕時計のお手入れの基本は、腕時計を拭くことです。こんな単純なことを怠っている人が意外に多いんですよね。腕時計を外した時は柔らかい布で全体を優しく拭き取りましょう。専用クロスも売っているので、それを使って拭くのが理想的ですね。 それとリューズやベゼル付近、ベルトの隙間にはホコリが詰まりやすいです。拭いただけで取りきれない時はつまようじか毛先の柔らかい歯ブラシでホコリを取りましょう。

バンドのお手入れについて

腕時計を付けている時に、最も汗や皮脂が染み込みやすいのがバンド部分ですよね。汗や皮脂が残ると金属バンドは酸化する場合がありますし、革バンドは色落ちする場合があります。 そんなバンドのお手入れについてですが、金属バンドの場合は汚れが酷い時は石鹸水か薄めた中性洗剤で洗えます。洗い終わったら乾いた布で拭いて、ドライヤーで乾かしましょう。もちろん、汚れが酷くならないように普段から柔らかい布やブラシで汚れを落とすのが大切です。 革バンドは水分が大敵なので、洗剤で洗うことはできません。そのため、日頃から柔らかい布でベルトについた汗や水分を拭き取ることが大切です。もし、雨などで濡れてしまった場合は風通しの良い場所で乾かすようにしましょう。