ビジネスマン必見!出来るオトコの腕時計。

スーツに合ったデザインを選ぶ

仕立ての良いスーツと磨かれた革靴を身に付けたビジネスマンの腕時計として、スポーティなデジタル時計や派手なデザインの時計は合うと思いますか? 個性的で格好いいと思う人もいるかもしれませんが、スーツにその時計はないよね?と常識を疑われる可能性もありますよね。特にビジネスシーンでは上司や取引先を含めると幅広い世代と仕事をすることになるので、無用な不興を買うリスクはなるべく排除した方が良いですよ。腕時計1つで印象が悪くなるの?と思われるかもしれませんが、ビジネスシーンでは時計や靴を含めた見た目も相手を判断する要素になります。ですから、腕時計もスーツに合うシンプルなデザインのアナログ時計を選んだ方が良いです。

高級すぎるブランドの腕時計は避ける

腕時計の値段はピンからキリまであり千円程度で買えるものもあれば、数百万円する高級ブランドの腕時計もあります。 腕時計には着用者のステイタスを示す側面もあります。安物の時計と高級ブランドの腕時計をしている人ならどちらに社会的信用を感じるでしょうか?恐らく後者に社会的信用を感じる人の方が多いと思います。 ではビジネスマンもなるべく高い時計をつけた方が良いのでしょうか?実はそうではありません。人によっては高級ブランドの腕時計を付ける人に対して自慢している、鼻につくなどの印象を持つ場合もあるんですよね。だからと言って安すぎる時計も避けた方が良いので、数万円ぐらいで清潔感があり洗練されたデザインの腕時計を選ぶのがオススメですよ。